大芝水門

2017-05

ウエストサイド物語 - 2016.09.24 Sat

劇団四季の『ウエストサイド物語』を見に行きました。
s-160922(4).jpg 

映画で内容と曲を知っているからなんか気楽。みなさん歌も上手いしそれは楽しめましたが・・・

内容のほとんどをケンカで怒鳴りあっている、かと思えば敵対同士で恋が芽生えるという単調で単純な内容に若干飽きて辛くなってきた。前の人は"トゥナイト"ちょっと前くらいから伸びをした後に体制をずらして頭をシートにがっつりあてて寝る体勢です。寝るのかこのシーンで、一番有名な曲だろ(笑)

席が一階後方で、私の眼鏡では役者の顔演技が判別できないというのもあったかもしれませんが、笑うシーンもほぼないし話のメリハリがつかなかったのは確か。そういうことはしないんだろうけどジェット団とシャーク団が簡単に判別出来るようどちらかを若干色黒にするなど肌の色を変えて見た目のメリハリも欲しかったわ。それとも洋服とか身なりで判別できたんだろうか?女性たちの派手なダンスシーンが私は一番楽しかった。

相撃ち(じゃないけど)になったところで一幕が終わり、休憩がてら再入場券をもらって外に出たら再入場かどうかを聞かれ「あら、まだ続きがあるん?」と言った夫婦がいました。もう終わったと思い帰ろうとしていたらしい。確かに内容知らなかったらそう思うかも。つーか一幕二幕の時間がロビーに表示してあるんだから見とこうね。決闘前だったらわかりやすいんだろうけど場面展開を考えたらやっぱりここなのかな。

人種の抗争というのは日本人には少し馴染めない内容かもしれませんが、終わってすぐ帰る人は少なく(途中のトイレ退出は結構いた)楽しんだ人も沢山おりカーテンコールも何回もあってみんな手を振って満足げでした。

安定の安さです - 2016.02.24 Wed

超久々にブックオフへ行きました。
時間つぶしだったので雑誌をペラペラ見ていたら劇団四季のパンフレットを発見。付近を探したら13冊も売っていました。結構いろんな演目や東京や福岡公演のものとかあって楽しいです。

私は観に行ってもパンフは買わないので、行った時のがあるかなと探しましたがほとんどが2009年以前のものでガッカリ。でもせっかくなので気になったのを2冊買いました。

一つは2008年の広島公演の美女と野獣。
s-P1020269.jpg

ここで売られているパンフにはたいてい当日の出演者の紙が挟まっているのですが、これに挟まっていたのは千秋楽に配られたと思われるグッズ。未開封ですw
s-P1020270.jpg

もう一つはキャッツ7000新たなる出会い。
s-P1020268.jpg

これはたぶんパンフじゃないね?5001~7000回の記念の本みたいです。俳優一覧が載ってないので誰かまったくわからないけどパンフより大きい写真がいっぱいあったのと、2003年の広島公演の様子が載っていたので買ってみました。

このお店では昔からこの手の本はどれもめちゃ綺麗なのにあんまり売れないのかすべて108円です。1回読んだだけで元がとれます!?

コーラスライン - 2016.01.21 Thu

劇団四季の『コーラスライン』を観に行きました。
s-DSC04157.jpg

”コーラスライン”というタイトルも、ブロードウェイが舞台のダンサーの話というのも馴染みにくいので今まで興味がありませんでしたが、今なら楽しめるかもと前向きな気持ちになったので初めて見ることに。

本日のキャスト。
s-ACL.jpg

開始、全員が舞台に出てきて踊っています。顔を知っている俳優さんは数人なのですが、大勢の中からエリック王子(上川さん)と子猫の群れに紛れ込んでるメスライオン(恒川さん)が目に飛び込んできました。やっぱり大物は他の人とオーラが違う。

好きなダンスで食べていくために必死で生きているという設定はハリウッド映画ではよくあることなので、私は映画を見る感じでで見れたし嫌いじゃなかった。コンプレックスを持っているというのは日本人にもある、ただそれが背が低いとかならまだしも人種とか性とかゲイとか家庭不和とかの内容が馴染みにくい人もいたんじゃないかな?小学生連れた親子が見に来ていたけど大丈夫だったかな?と気になりました。

印象的だった役柄別の感想。

赤い服のザックの元妻キャシー。スターになったけどパッとせずコーラスに戻りたいと言うのは、あぁ疲れちゃったんだね戻りたいというのは自分に言い訳してるんだねと思いました。オーラのない彼女のあまり上手くないダンスと身のこなしを見て、おぉまさにキャシーを表している井上さん、これはこれで上手いと言っていいのか?どうなのか?

ベージュタイツの大柄なアラサー女シーラ(メスライオン)。
好きだからいいけど何やっても目立ちます。年齢設定も一番観客に近いからか感情移入しやすいんじゃないかな。隣の女性も「シーラが落ちてショック、応援してたのに」との感想でした。

足をくじいた私服のポール。
あ~こういう映画では設定よくあるよ~。両親との逸話は感動的ですが、よくあるよ~ですかね。

ダンス10点顔3点のボイン・プリンの整形ヴァル。
この人がアリエルの三平さんですか、やっぱ迫力あるわ~。見てて誰かに似てるよね・・・ゲテ子!(フィギュアスケーター)。まさにゲテちゃん見てるようだった。エロ可愛いです。私は女性はエロさが見える人が好きです←へんな意味はありません

背の低い中国系で年齢はマル秘だがアラサー女のコニー。
私が一番共感できるのはコニーかな。コンプレックスをプラスにして明るいキャラっていうのも共感します。可愛げがあるよね。

ゲイで長身のグレッグ。
出番は少ないですが大柄で超合金みたいな感じ。掘り下げればネタがもっといろいろ出てきそうなのに。


ほとんどが暗くスポットライトが当たってのシーンなので目がショボショボしましたが、それだけにライトアップされて踊るシーンがいっそう煌びやかに見えてスカッとします。繰り返されるあの踊りも好きだしミラーで客席が映るのもいい!自分の姿はすぐ見つけられましたw

初めからおとぎ話だとわかって観る美女と野獣やキャッツなどと違い、終わった後しんみりと語り合うような作品でした。

クレイジー・フォー・ユー! - 2015.11.18 Wed

それまでは観劇してもよかったという気持ちは後からじわじわくる感じしかなかった劇団四季ですが、これを見て猛烈にミュージカルが好きになりました。その演目は、

クレイジー・フォー・ユー!

4年ぶりに広島公演があったので観てきました。
s-DSC04156.jpg

実は4年前より前の公演時も来広したのは覚えているのですが行きませんでした。なぜなら・・・このチラシの絵ズラが好きじゃないから!パッと見てラブストーリーかなというくらいしか内容が思い浮かばないし、ブロードウェイというのも親近感ないし。

少し大人になって四季のマンマミーアを観てミュージカルいいなと感じだしたので、このへんてこなチラシの演目も行ってみたら・・・めっちゃ自分好みじゃん!って。

今回、新聞の広告にこんなのが載っていました。
s-DSC04158.jpg

そうそうこれよ、こういう感じでアピールした方が楽しそうだしわかりやすいんじゃないの?なんかチラシで集客損してるような気がします。まぁ、あの絵を使わないといけない制約とかあるんだろうけど。

今回のキャストはこちら。
s-CFY(10).jpg

念願の松島ボビー、声が高っ!動きもちゃらいよーちゃらい、まさにボビーじゃん。後ろよりの席で見ましたが、顔芸も豊かなのでよくわかります。もちろんダンスも完璧なのですっごく楽しめました。

ポリーもダンスがお上手。ほっそりした体系だけどドズ声がきいててよかった。しかしドタバタ後の歌が不安定で...音程が低いところから高いところへ変わる部分が数回抜けてヒヤヒヤしました。第2幕はドタバタが少ない分、ソロ「バット・ノット・フォー・ミー」もしっかり歌えていたので(´▽`) ホッ。全国公演なのでお疲れなのかな?今後もっとこなしていけばそんなことないんだろうけど。
ポリーのヒヤヒヤとは逆にアイリーンの安定感は安心してみれました。

あとザングラーさん、「○○○のぉ」・・・? 今”のお”って言った?広島弁使った??
いやいやいや、まさかライオンキングじゃあるまいしそんなはずはないよねぇ。
そしたらまた「君はダンスが上手いのぉ」・・・! のぉは標準語じゃないよね!? 言ったよ広島弁。。。その場面であと一つ広島弁使いましたが衝撃的すぎて忘れました。

隣席は「アイ・ガット・リズム」のポリーの♪ア~~にあわせて大あくびしてたり、「変な方向で寝たので寝違えた」とか言ってる人もいましたが大方は「凄いね」「ヤバい楽しい」と好評のようでした。
初見の方も多く、カーテンコールもいやいやまだあるだろという回数で帰る人続出!まてまてまて~と不安になりつつもこれを機にその流れに逆らって前の方の席へ行ったらキャストの顔がバッチリ見える場所まで行けたのでラッキーでした。

4年前に2回見たしCDも持ってて歌は完璧に覚えていたけど、忘れていた細かい部分もたくさんあったのでもっと見たかったなぁ。
キラびやかだしコメディで楽しい!ザングラー・フォーリーズ最高!あ~また観たいっー!!
明日は三次であります。じゃが行かれん(>_<)←広島弁で締めてみました

美女と野獣 2回目 - 2015.07.03 Fri

もうじき終わる美女と野獣広島公演、当日券を買って行ってきました。

s-150702(4).jpg

前回のキャストとは何人か代わっているけど北澤さんの名前くらいしか知らないので行こうかどうか考えていました。北澤さんの名前はよく目にしていて広島での他の演目で来られていたのですが私には縁がなく、このまま行かなかったらこの先ずっと縁がないような気がしたのと、行かなかったら「あん時行っときゃよかったー(>o<)」と後で後悔しそうだったので。

当日のキャスト。
s-150702(11).jpg

前回との違いを注目していましたが北澤ビーストの声、中井ビーストとの違いがわからん...見栄えもこんな着ぐるみになるのでもちろん違いはわかりません。
s-DSC02861.jpg

中井さんはマジメって感じがしたけど北澤さんはちょっと面白味があったような。でも人間に戻った時の顔をじっくり見たら・・・歌舞伎入ってる??ビジュアルが声のイメージと結びつかないのは慣れてないからでしょうか。
ベルは前回と同じ鳥原さん、2階席の方が声がよく聞こえるのかすごく通っていました。

ガストンの高橋さんも初見です。ちょっとハンサムすぎてヒーローみたいな感じ。ガストンはこうもっとつば臭いというか足臭い感じが欲しいですw
明戸さんから村山さんに代わったルフウ、村山さんの方がさっぱりした感じか?

ルミエールは変わってませんがコッグスワースが吉谷さんから青木さんに替わりました。前回はとぼけたコッグを真面目なルミが諭すような雰囲気に見えたのですが、今回ルミが前より生き生きくねくねしててはっちゃけてるのを止めるコッグという感じに見えました。丹下さん8回目→76回目の間で何かあった?

この日から特別カーテンコールだったのですが、カーテンコールが長いだけかと思ったら「特別カーテンコールです」と宣言があってワンシーン上演がありました。
2回目だから感動が減ったわけでなく、わかっていてなお一層楽しめるのが舞台のいいところですね。観てよかったです。



今回は2階席最後列端っこでしたが、前回の1階席と違いステージが上から立体的に見えてなかなかよかったです。せっかく新調した眼鏡でもお顔までは見えないだろうと諦めていましたが、アドバイス受けてオペラグラスを持っていきました^^

しかしこのオペラグラス・・・ピントが合わん。見るときは眼鏡を外すのですが、調節しても何やらぼやけるのはオペラグラスがちゃちいのか目がついていけないのか...orz ないよりはましなので時々使用していましたが、2幕ではついでに持って行った単眼鏡で見たら・・・おぉぉ~大きくはっきり顔が見えます~~\(^o^)/
少し手振れしますが表情ばっちり見えますし、2階からだと後ろにいるアンサンブルの顔もついでに見えるのでこりゃいいわ!1幕から使えばよかったわい。



私の隣は1歳くらいと3歳くらいの子供とお母さんでしたが、隣に座った3歳くらいの子が「怖くない?ここまで来る?」と始まる前から怖がっていました。いや~この調子だとオープニングでダメだろうと思ったら、まだ幕が開く前からお母さんにしがみつき。ん?怖いのは・・・私か?結局その子も1歳の子と一緒にお母さんの膝に座っています。オープニングの雰囲気にお母さんも早々と荷物をまとめだしたあと『変わり者ベル』が始まったのでしばし見ていたけど、お母さんの方がシー、シーと言ったり周りを気にしての早めの行動でオオカミのシーンまでに親子室へ向かって行きました。

お母さんご苦労様、大変ですよね私もそんな時期があったのでわかります。子供に見せたい気持ちもわかるので私は少々騒がれてもいいと思っていましたが、気になって頭に入ってこなかったシーンがあったのも事実。
○○ちゃんも△△ちゃんも見たってと言ってなだめていましたが3歳くらいだと長時間持たないね、せめて園児生活を体験してないと。1歳くらいの子なら寝たりおやつ食べたがったりするだろうけど、親子室で最後まで見れたんでしょうか。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ノエル

Author:ノエル
バードウォッチングやコンデジで写真を撮りながらウォーキングをしています。日常のちょっとした小ネタも掲載。

このブログに掲載されている文章・画像の無断転載を禁じます。

カテゴリ

レザークラフトで作りました (164)
身近な野鳥や動物たち (124)
ウォーキングで見た風景 (70)
風景・桜・花 (124)
トイデジで撮影 (27)
頑張れカープ・サンフレッチェ (87)
フィギュアスケート (59)
美術・芸術・工作 (54)
イベント・おでかけしました (64)
ハンドメイドで作りました (32)
食物・お菓子・酒 (54)
文房具が好き (44)
映画って本当にいいですね (32)
ゆるキャラに会いに行こう (23)
家電の達人になりたい (28)
雑談 (91)
未分類 (0)

キーワードでブログ記事を検索

紅葉  劇団四季 コレクション 三瀧寺 撮り比べ くまモン ぐにゃり写真 試し書き 

上記にないキーワードはここで検索

最新記事

最新コメント

過去の記事

2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【9件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【14件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【15件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【11件】
2016年 06月 【17件】
2016年 05月 【15件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【14件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【12件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【16件】
2015年 08月 【14件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【14件】
2015年 05月 【19件】
2015年 04月 【17件】
2015年 03月 【16件】
2015年 02月 【13件】
2015年 01月 【12件】
2014年 12月 【19件】
2014年 11月 【20件】
2014年 10月 【14件】
2014年 09月 【20件】
2014年 08月 【15件】
2014年 07月 【17件】
2014年 06月 【12件】
2014年 05月 【13件】
2014年 04月 【18件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【20件】
2013年 12月 【10件】
2013年 11月 【16件】
2013年 10月 【15件】
2013年 09月 【15件】
2013年 08月 【16件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【16件】
2013年 05月 【15件】
2013年 04月 【19件】
2013年 03月 【16件】
2013年 02月 【15件】
2013年 01月 【13件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【19件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【19件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【23件】
2012年 05月 【23件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【28件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【20件】

野鳥紹介